帝王切開で出産してきました。
一人目の姫は普通分娩だったので、生まれて初めての手術。恐怖でした(T_T)
どんな風に受けたのか、レポートいたします!

帝王切開 レポ
帝王切開 レポ

私は個人病院で産んだので、産科医が行う局所麻酔(脊髄くも膜下麻酔)でした。
事前に本などで調べた情報では、まず皮膚麻酔をしてから本番の太い注射器を入れるって書いてあったんだけど、
いきなり本番でした(笑)でもそんなに、痛みはありませんでしたよ。
むしろ尿道に管を入れられるのが激痛で…なぜ麻酔が効いてからやってくれないのか?恨みました(T_T)

で、「足があったかくなってきたでしょ?」って言われても別になんともないし、
(数テンポ遅れてちゃんとあったかくなりました)
手術台に寝てから、麻酔が効いてるか確認する時にも、
普通に感覚があったので…
痛みのある状態で切られるんじゃないかって恐怖でおそらくすごい顔をしていたと思われます(^-^;)

帝王切開 レポ

手術は先生二人、助産師さん一人、看護婦さん一人。
だったと思います。
執刀医の先生は手術に集中してるので全く構ってくれず(笑)もう一人の女医さん(冷たい?って確認してる人)が
「もう出るよー」「今から縫っていくよ」と教えてくれました。

麻酔の影響で気分が悪くなったり吐き気が出る人もいるらしいですが、
私は全然大丈夫だったのに、恐怖でずっとゼーゼー言ってました(T_T)
我ながら恥ずかしい。。。

チクチク縫っていただき、手術は1時間ほどで終了しました。


スッポーンと生まれた出産でしたが、
母の試練はここからです。麻酔が切れたら恐怖のハラキリの痛みが襲ってきます。
回復編はまた次回!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●Twitter:@shimizoon
●facebook:志水恵美
●Instagram:@shimizoon
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログリーダーで読者登録していただけるとLINEで更新をお知らせ!☆
          ↓↓↓