摩訶不思議☆おやゆび姫と姫丸~迷える親羊の育児日記~

\チビで自由で塩対応!/4歳長女 おやゆび姫 と \デキスギ/2歳次女 姫丸 の育児漫画ブログ 時々コーギー。

成長曲線を下にはみ出すミニサイズ 長女「おやゆび姫」と、姉より1年越しのスピードで成長を遂げる、出来過ぎ次女「姫丸」の絵日記ブログです。
※ネタがリアルタイムじゃありません…(溜まっちゃって…でも全部描きたいんだーい)

2017年07月

赤ちゃん返り

赤さんに対して、
「かわいいねぇー」って言ったり、
オムツを(必要以上に)持ってきてくれたり、
…ものすごい敵対心を燃やしてる感じはしないんだけど…

たまに、地味に
「私の場所だ」
と主張してくる。

とにかく上の子に配慮した初面会(笑)
2人目妊娠日記 出産編 上の子との面会

姫は赤ちゃんを受け入れてくれるのでしょうか…!?

こんにちは赤ちゃん

絶対よくわかってないだろう(^-^;)
まぁ…赤ちゃんを嫌ってはいないみたいだから、とりあえず良しとしよう。

上の子との面会


母の切られた腹もだいぶと回復し、母子同室になった3日目に
初めて姫を連れてきてもらいました。

最初が肝心って聞くし、これだけは絶対に成功させようと、
夫君にも怖い顔でミッションを説明し、
入念な打ち合わせのもと、赤さんが寝てるスキをねらっていただきました!!

姫はドライな性格なので、久々の母にもキョトーンとしていましたが…(^-^;)

さぁ…赤ちゃん返り軽減の効果はあるのだろうか?(笑)



ちなみに、
個人病院なので個室でした☆(このためだけに病院への色々な不満を我慢してきたと言ってもいい)
だからどんなに芝居がかってても恥ずかしくなんかありませんよ★

似てない

楽しみです。

ちなみに
長女は眉毛凛々しくマツゲも長かったのですが
次女は眉毛もマツゲもほとんどありません(^-^;)
髪の毛と背中毛は同じくらい剛毛です。

予定帝王切開で出産しましたレポート3回目
回復編です。


帝王切開 歩行 回復
帝王切開 歩行 回復

一晩たって、寝た状態では、
だいぶ痛みが我慢できるくらいになってきたし、
頑張れば歩けるんじゃね?
…と思ってたんですけどね。

甘かったですね。

「座る」って、クッソ痛いんですね(^-^;)あははは

この冗談みたいな食事が半分も食べれない(飲めない)ほど痛かったです(汗)
タイトル『三色の水』←夫君命名

@shimizoonがシェアした投稿 -




そんなイタタタな術後、
子供のお世話が待ってるのにこんなんで大丈夫かと
本気で心配して不安になったりもしましたが…
経膣分娩の回復にはもちろんかないませんが、なんとかなってます。これから帝王切開を受けるお母さん、大丈夫ですよ!
帝王切開 歩行 回復

要するに、これが言いたかったんだけどね☆
何十時間も陣痛に苦しんだ挙句にお腹も切ったお母さんはどれだけ大変だったろうかと、
想像するだけで震えます。
そして思い出す、勤めていた頃の男性上司が言ってた
「帝王切開は出産じゃない」「痛い思いして産まないと愛情がわかない」理論。。。
子供の居るパパですらそんな認識なので、もう白目剥いちゃうよね。


結果的に安産でも難産でも、やっぱりお産は命がけです。
最上級に労ってください!!!!!

予定帝王切開で出産しましたレポート2回目です。
麻酔が切れたら恐怖の時間がやってきます。。。

帝王切開レポ
帝王切開レポ

陣痛はもんっのすごく痛いんですけどね
これもね、痛かったですよね。切られてますからね(笑)
私は座薬が合わなかったのか、本当にあんまり痛みが引かなくって…

いや、もしかしたら傷の痛みには効いてたのかもしれないんだけど、
「後陣痛」ですよ!
9か月かけてでかくなった子宮が元に戻る痛み。
産めば産むほど痛くなるらしいんですけど、それが痛い!
痛み止めも聞きやしねぇ(T_T)
この後陣痛で2日くらいは「いてぇなチクショー」って言ってたと思う。
シワが増える!

こんな状況で、
「血栓ができないように、なるべく足を動かして」
って言われるんですよー?鬼かと思いますよね?
よく見る、足にマッサージ機みたいなのをつけるやつは、私が行った病院では使用してないらしく、
着圧ソックスのみであとは自力で足首をひたすらくるくるさせてました。

他にも肩に筋肉注射で打つ麻酔もあったらしいのですが、なぜか使ってもらえず(T_T)
飲み薬はまだ絶飲食中なので飲めなくて…

そんなこんなで夜が明けますと、全く動かなければそこまで痛くないくらいには回復していたので、
人間ってスゲェなと思いながら、歩行訓練に意欲を燃やしておりました。
…それが甘かった(笑)

歩行訓練編、次回に続きます!

面会

別れた母に会いに行ったら、赤子がいる!!!
という、スキャンダラスな展開はショックだろうと、

母→赤ちゃん

の順番で、家族の待つ病室に戻してもらったわけなのですが
肝心の姫は…

キョトーン


としてました(^-^;)
寝てる母にも、突然出現した赤ちゃんにも、キョトーン(笑)

帝王切開で出産してきました。
一人目の姫は普通分娩だったので、生まれて初めての手術。恐怖でした(T_T)
どんな風に受けたのか、レポートいたします!

帝王切開 レポ
帝王切開 レポ

私は個人病院で産んだので、産科医が行う局所麻酔(脊髄くも膜下麻酔)でした。
事前に本などで調べた情報では、まず皮膚麻酔をしてから本番の太い注射器を入れるって書いてあったんだけど、
いきなり本番でした(笑)でもそんなに、痛みはありませんでしたよ。
むしろ尿道に管を入れられるのが激痛で…なぜ麻酔が効いてからやってくれないのか?恨みました(T_T)

で、「足があったかくなってきたでしょ?」って言われても別になんともないし、
(数テンポ遅れてちゃんとあったかくなりました)
手術台に寝てから、麻酔が効いてるか確認する時にも、
普通に感覚があったので…
痛みのある状態で切られるんじゃないかって恐怖でおそらくすごい顔をしていたと思われます(^-^;)

帝王切開 レポ

手術は先生二人、助産師さん一人、看護婦さん一人。
だったと思います。
執刀医の先生は手術に集中してるので全く構ってくれず(笑)もう一人の女医さん(冷たい?って確認してる人)が
「もう出るよー」「今から縫っていくよ」と教えてくれました。

麻酔の影響で気分が悪くなったり吐き気が出る人もいるらしいですが、
私は全然大丈夫だったのに、恐怖でずっとゼーゼー言ってました(T_T)
我ながら恥ずかしい。。。

チクチク縫っていただき、手術は1時間ほどで終了しました。


スッポーンと生まれた出産でしたが、
母の試練はここからです。麻酔が切れたら恐怖のハラキリの痛みが襲ってきます。
回復編はまた次回!!

↑このページのトップヘ